クー&フレンズのご紹介

ナルホードフム

ナルホードフム

クーとちがって、りくつ好き。「フム、フム」ってうなずきながら、よく調べものをしているよ。

おうちの方へ お子さまを本に親しませるには

多感な時期にこそ、たくさん本を読んで豊かな情緒を育んでほしいものですよね。でも、ただ漠然と「本を読みなさい!」と言われたって子供も困ってしまいます。小さいうちは、おうちの方が毎日読み聞かせてあげるのが一番。幼い時期は、本の内容よりも、本を読んでもらっている間「大人を独り占めできる」ということがまず嬉しいものなのです。少し大きくなったら、一緒に本屋さんや図書館に行って、おうちの方とお子さま本人、それぞれ一冊ずつ選んで読み比べるというのもおすすめ。ママの選んだ本はどんなお話?私の選んだ本も読んでみて!と、お子さまの興味や楽しみが広がっていくはずです。その場合、子どもの選んだ本に決してケチをつけないこと。いわゆる名作と言われる物語だけが"良い本"ではありません。「何を読むべきか」より、自然に本を読む習慣をつけることが大事。きっといろんな本を読んでいくうちに、生涯心に残るような素晴らしい本に必ず出会う時が来るはずです。

  • クー
  • ペコリンチョグー
  • オットリポー
  • キュートナミュー
  • アッチコッチベー
  • ナルホードフム